menu

コーヒーカップを作る(Adobe Dimension CC)

Adobe Dimension CCを使って、コーヒーカップのシーンを作りました。
コーヒーカップの3DデータはAdobe Stockからフリーのものを使用しています。
カップの模様の部分は、シカゴ美術館のサイトから2次使用OKの画像をダウンロードして貼り付けています。
※シカゴ美術館のサイトでは5万点を超える画像がダウンロード出来るようになっています。
https://www.artic.edu
湯気の部分はDimension CCから書き出した後、Photoshop上で作成しています。

詳しくはコチラ

PAGE TOP