menu

クリックしてテキストを表示(Adobe Animate CC)

◎HTML5 Canvasでは
Flashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を可能にします。

口の形をしたイラストをクリックすると
上記の吹き出し内にテキストが表示されます。
スクリプト設定画面にてテキスト入力の他、
配置位置、フォント指定、フォントサイズ、カラーの設定を行います。

▷アクション/コードスニペット/アクション
・クリックしてテキストフィールドを表示

▽サンプル
live-preview

animate-sample04オブジェクトの表示・非表示・移動(Adobe Animate CC)

animate-sample06水平移動、垂直移動、角度変更、連続回転のアニメーション(Adobe Animate CC)

関連記事

  1. animated-text01

    74種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(A…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Animated Te…

  2. solo-type01

    注目させたいテキストにタイピングアニメーション。(Adobe M…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Solo Type」W…

  3. water-ripple-effect02

    画面いっぱいに水の波紋(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Water Rippl…

  4. social-sharing01

    ソーシャルシェアボタンの掲載(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. animateall

    最大3つまでの連続アニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  6. text-animations

    13種類のテキストアニメーション(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Text Animations」Widgetを利用することで、テキス…

  7. animate-sample12

    レスポンシブ対応用に書き出せるようになりました。(Adobe A…

    Adobe Animate CCが2017にバージョンアップしたことでアニメーションをレスポンシ…

  8. animated-numbers-01

    数字のアニメーションが目を引きます(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

PAGE TOP