menu

ポリゴンの数値による画像のモーフィングPart2(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Image Shapes」Widgetを利用することで、
1枚の画像を使って面白いアニメーションを掲載することが可能になります。
☆Part2では別の画像からアニメーションの動作を制御しています。

・画像の前と後をポリゴンの数値で図形を設定。
・オンロード、ホバーオン、クリック時、またはスクロール時に2つの図形間をモーフィング。モーフィングの速度、遅延、リピート、インージングを設定。

・ポリゴンの形状は下記のアドレスから抽出します。
https://bennettfeely.com/clippy/

☆イラストレーターで作成した図案をSVCで別名保存する際にSVGコードを確認することができます。ポリゴンのパスが取得できればコピーペーストで「Image Shapes」Widgetで利用することができます。
※幾つか試しましたが形状の簡単なものでないと難しいようです。

▽サンプル
live-preview

ポリゴンの数値による画像のモーフィングPart2(Adobe Muse) from KISHIOKA.DESIGN on Vimeo.

「Image Shapes」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

image-shapes-a-01-2ポリゴンの数値による画像のモーフィング(Adobe Muse)

image-shapes-c-01ポリゴンの数値による画像のモーフィングPart3(Adobe Muse)

関連記事

  1. animate-sample03

    ムービークリップの再生・停止(Adobe Animate CC)…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  2. snipcart-ecommerce

    Museでeコマース出来るのですが・・・(Adobe Muse)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  3. animate-sample04

    オブジェクトの表示・非表示・移動(Adobe Animate C…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  4. shake

    マウスオーバーで10種類の揺れを(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. animate-sample05

    クリックしてテキストを表示(Adobe Animate CC)

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  6. interactive-particles

    マウス操作で粒子が飛び散るインパクト表現(Adobe Muse)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  7. versaslide_img01

    ページスライドアニメーション(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェットの「Versa Slide」Widgetを利用することで、フルスクリー…

  8. table-connect01

    動的な機能を備えたテーブルの作成(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

PAGE TOP