menu

レスポンシブ対応用に書き出せるようになりました。(Adobe Animate CC)

Adobe Animate CCが2017にバージョンアップしたことで
アニメーションをレスポンシブ対応に書き出せるようになりました。
そこで、書き出したoamのデータをAdobe Museに貼り付けたサンプルを作成してみました。
ブラウザのサイズ変更に合わせて、アニメーションの拡大縮小が確認することができます。

▽サンプル
live-preview

もうひとつ新しい機能として、
Adobe Animate CC上で作成したアニメーションをCCライブラリに登録。
書き出さなくてもAdobe Muse上で直接CCライブラリを通して配置出来るようになりました。
※但し、こちらはレスポンシブ対応にはなっておりません。
※もしかするとレスポンシブ対応に出来る方法が何かあるかもしれませんが・・・。

▽サンプル
live-preview

musexpress2_0-06MuseとWordPressの連携(その6/Adobe Muse)

musexpress2_0-10MuseとWordPressの連携(その7/Adobe Muse)

関連記事

  1. solo-type01

    注目させたいテキストにタイピングアニメーション。(Adobe M…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Solo Type」W…

  2. photo-filter01

    マウスオーバー時のフォトフィルター(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  3. infiniscroll01

    イメージのスクロールでパノラマ表現(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  4. randomizer01

    イメージのランダム表示(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Randomizer」Widgetを利用することで、アクセスする度に…

  5. transitioner01

    58種類のページ切り替えアニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  6. full-width-video01

    レスポンシブ対応フルワイドビデオ(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  7. fullscreen-gallery

    フルスクリーンフォトギャラリー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Fullscreen Thumbnail Gallery」Widgetを…

  8. animate-sample06

    水平移動、垂直移動、角度変更、連続回転のアニメーション(Adob…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

PAGE TOP