menu

レスポンシブ対応用に書き出せるようになりました。(Adobe Animate CC)

Adobe Animate CCが2017にバージョンアップしたことで
アニメーションをレスポンシブ対応に書き出せるようになりました。
そこで、書き出したoamのデータをAdobe Museに貼り付けたサンプルを作成してみました。
ブラウザのサイズ変更に合わせて、アニメーションの拡大縮小が確認することができます。

▽サンプル
live-preview

もうひとつ新しい機能として、
Adobe Animate CC上で作成したアニメーションをCCライブラリに登録。
書き出さなくてもAdobe Muse上で直接CCライブラリを通して配置出来るようになりました。
※但し、こちらはレスポンシブ対応にはなっておりません。
※もしかするとレスポンシブ対応に出来る方法が何かあるかもしれませんが・・・。

▽サンプル
live-preview

musexpress2_0-06MuseとWordPressの連携(その6/Adobe Muse)

musexpress2_0-10MuseとWordPressの連携(その7/Adobe Muse)

関連記事

  1. 360viewer01

    360°ビューア(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. musexpress11

    MuseとWordPressの連携(その4/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。「MusexPress」…

  3. animate-sample02

    <HTML5 Canvas>仕様で可能な事を調べています。(その…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  4. simple-and-sweet-on-scroll-animations

    26種類のスクロールアニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. big-box-menu07

    直接編集可能な全画面ナビゲーションメニュー(Adobe Muse…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  6. animate-sample10

    ムービークリップがマウスの方向へ向きを変えます(Adobe An…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  7. hover-reveal

    44種類のホバーアクション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  8. youtube-video-gallery-01

    YouTubeビデオギャラリー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

PAGE TOP