menu

動的な機能を備えたテーブルの作成(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。

サードパーティウィジェット「Table Connect」Widgetを利用すると、
ソート機能やテーブル内の検索機能など
動的な機能を備えたテーブルの作成が可能になります。
Googleスプレッドシート上で入力を行ったデータを読み込む方法と
ローカルで作成した.CSVファイルを読み込んでアップさせる2通りの方法があります。

下記のサンプルは.CSVファイルを読み込んで作成。
・Table Connect – Content Template.csv → 情報を入力
・Table Connect – Content Presets.csv → テーブルの仕様を入力

▽サンプル
live-preview

「Table Connect」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

animated-text0174種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(Adobe Muse)

360viewer01360°ビューア(Adobe Muse)

関連記事

  1. gadient-background

    背景やグラフィックにグラデーションを(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. musexpress3_18

    Dynamic Menuの設置(MusexPress3)

    『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせることでコーディング作業なしにW…

  3. animated-numbers-01

    数字のアニメーションが目を引きます(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  4. snipcart-ecommerce

    Museでeコマース出来るのですが・・・(Adobe Muse)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. animate-sample03

    ムービークリップの再生・停止(Adobe Animate CC)…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  6. randomizer01

    イメージのランダム表示(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Randomizer」Widgetを利用することで、アクセスする度に…

  7. animated-text01

    74種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(A…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Animated Te…

  8. hero-connect03

    時刻や曜日に合わせて画像・動画・テキストを自動で切り替え(Ado…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

PAGE TOP