menu

動的な機能を備えたテーブルの作成(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。

サードパーティウィジェット「Table Connect」Widgetを利用すると、
ソート機能やテーブル内の検索機能など
動的な機能を備えたテーブルの作成が可能になります。
Googleスプレッドシート上で入力を行ったデータを読み込む方法と
ローカルで作成した.CSVファイルを読み込んでアップさせる2通りの方法があります。

下記のサンプルは.CSVファイルを読み込んで作成。
・Table Connect – Content Template.csv → 情報を入力
・Table Connect – Content Presets.csv → テーブルの仕様を入力

▽サンプル
live-preview

「Table Connect」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

animated-text0174種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(Adobe Muse)

360viewer01360°ビューア(Adobe Muse)

関連記事

  1. mapbox-custom-maps2-01

    視覚的に美しいMapの掲載(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. musexpress11

    MuseとWordPressの連携(その4/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。「MusexPress」…

  3. randomizer01

    イメージのランダム表示(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Randomizer」Widgetを利用することで、アクセスする度に…

  4. dropdown-list

    ドロップダウンメニュー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Dropdown List」Widgetを利用することで、ドロップダ…

  5. media-pro-gallery-2-01_01

    複数レイアウトからライトボックスに展開可能のメディアギャラリー(…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  6. animate-sample11

    ステージをクリックする度にムービークリップが置き換わります(Ad…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  7. fullscreen-slideshow-cover01

    Webサイト全体をフルスクリーンスライドショーで魅せる(Adob…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  8. absolute-muse-gallery

    グリッドギャラリー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

PAGE TOP