menu

動的な機能を備えたテーブルの作成(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。

サードパーティウィジェット「Table Connect」Widgetを利用すると、
ソート機能やテーブル内の検索機能など
動的な機能を備えたテーブルの作成が可能になります。
Googleスプレッドシート上で入力を行ったデータを読み込む方法と
ローカルで作成した.CSVファイルを読み込んでアップさせる2通りの方法があります。

下記のサンプルは.CSVファイルを読み込んで作成。
・Table Connect – Content Template.csv → 情報を入力
・Table Connect – Content Presets.csv → テーブルの仕様を入力

▽サンプル
live-preview

「Table Connect」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

animated-text0174種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(Adobe Muse)

360viewer01360°ビューア(Adobe Muse)

関連記事

  1. animateall

    最大3つまでの連続アニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. musexpress01

    MuseとWordPressの連携(その1/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。実現させるために「M…

  3. versaslide_img01

    ページスライドアニメーション(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェットの「Versa Slide」Widgetを利用することで、フルスクリー…

  4. animate-sample01

    <HTML5 Canvas>仕様で可能な事を調べています。(その…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  5. animate-sample08

    マウスの動きを追いかけるムービークリップ(Adobe Anima…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  6. fullscreen-gallery

    フルスクリーンフォトギャラリー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Fullscreen Thumbnail Gallery」Widgetを…

  7. tabs

    アコーディオンパネル(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Tabs」Widgetを利用することで、アコーディオンパネルの機能を…

  8. pdfviewer

    PDFファイルをダイレクトに掲載(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

PAGE TOP