menu

実例1・ヤマセのすり鉢(MusexPress3)

Muse + MusexPress = WordPress
による制作方法で実際に稼働しているサイトを制作しました。

・コーディング作業せずにWordPressサイトの制作が行える分、
 予算や時間を抑えることが出来ます。

・比較的小規模のサイトにブログの機能を付けたい案件に向いています。

・WordPressのサイトですがテンプレートなどを使わずに
 完全オリジナルデザインで制作できます。

<制作の流れ>

・(準備1)サーバーにWordPressをインストール。

・(準備2)WordPress管理画面にてプラグイン「MusexPress 3.x」をインストール。

・Adobe Muse上で各ページをレイアウト。

・ブログのページは「MusexPress 3.x」のウィジェットを使用してレイアウト。

・Adobe Muse上からFTPの機能を使って、サーバーにアップロード。

・WordPress管理画面でページを選択して、変換操作。

・WordPressサイトの完成です。管理画面よりブログの投稿ができるようになります。

<問題点>
※もしかすると解決方法があるかもしれませんが現時点では見つけられていません。

通常、WordPressのサイトを制作するときには、サーバー内に任意のフォルダを作成してフォルダ内でテスト制作。
完成した時点でindexの書類をドメインの直下に複製してパスを変更する事で指定ドメインで閲覧出来ます。
同様の方法で「MusexPress 3.x」を使って制作を行うと、
トップページは問題なく、指定ドメインで表示されるようになりますが、以降のページが表示されません。

いくつか試してみたのですが解決せず、結局、ドメイン直下に再度、WordPressのインストールから始めました。
2度手間という以外はさほど大きな時間は要しません。
ですのでブログの投稿は指定ドメイン上で完成してからの方が良いです。

<今後の課題>
管理画面でブログのリストと投稿画面を選択する仕様になっていますので
他のWordPressサイトのように複数ページにブログの内容を掲載することができません。
今後のバージョンアップで可能になればと思っています。

yamase_05

▽ヤマセのすり鉢
live-preview

「MusexPress」についての詳細はコチラ(外部サイト)

animated-toast-notification_02アニメーショントースト通知(Adobe Muse)

animated-slide-in_03アニメーションスライドイン通知(Adobe Muse)

関連記事

  1. fullscreen-slideshow-cover01

    Webサイト全体をフルスクリーンスライドショーで魅せる(Adob…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. presentation-panels

    フルスクリーンスクロール(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Presentation Panels」Widgetを利用することで、…

  3. animate-sample06

    水平移動、垂直移動、角度変更、連続回転のアニメーション(Adob…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  4. bigmenu03

    フルスクリーンメニューが11種(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. animated-text01

    74種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(A…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Animated Te…

  6. span-slider

    フルブラウザの幅で表示するスライドショー(Adobe Muse)…

    サードパーティウィジェット「Span Slider」Widgetを利用することで、フルブラウザの…

  7. animateall

    最大3つまでの連続アニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  8. animated-rollovers

    イメージロールオーバー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Animated Image Rollovers」Widgetを利用する…

PAGE TOP