menu

斜めのラインとスクロール効果を使う流行のデザインも簡単に表現可能(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Slanted Panels」Widgetを利用することで、
最近、良く見かける斜めのラインとスクロール効果を利用したページも簡単に再現可能になります。
※レスポンシブ対応

▽サンプル
live-preview

斜めのラインとスクロール効果を使う流行のデザインも簡単に表現可能(Adobe Muse) from KISHIOKA.DESIGN on Vimeo.

「Slanted Panels」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

muse-table-01Museの苦手なテーブル機能を克服(Adobe Muse)

image-shapes-a-01-2ポリゴンの数値による画像のモーフィング(Adobe Muse)

関連記事

  1. cinch-slidshow

    レスポンシブ対応スライドショー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Cinch Slideshow」Widgetを利用することで、レスポ…

  2. musexpress3_12

    Page creatorの設定(MusexPress3)

    『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせることでコーディング作業なしにW…

  3. musexpress06

    MuseとWordPressの連携(その2/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。「MusexPress」…

  4. musexpress2_0-06

    MuseとWordPressの連携(その6/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。今回からは「Muse…

  5. scrollpercentage

    スクロールの追跡(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  6. youtube-video-gallery-01

    YouTubeビデオギャラリー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  7. fullscreen-video-slideshow-cover

    フルスクリーンビデオスライドショー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  8. full-width-video01

    レスポンシブ対応フルワイドビデオ(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

PAGE TOP