menu

演出効果に優れたカード型レイアウトを簡単に。(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Sunder Gallery」Widgetを利用することで、
演出効果に優れたページの作成が可能になります。
サンプルページでは写真の切り替えをフェードで対応していますが
その他にも横スライド、縦スライドの効果を選択できます。
ただし、あらかじめスタイリングされ、パッケージ化されたウィジェットですので
新規にオリジナルのパーツをレイアウト内に加えたりするのは難しいです。
※レスポンシブ対応

▽サンプル
live-preview

「Sunder Gallery」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

zoom-and-pan-slideshow-01ズームとパンスライドショー(Adobe Muse)

photoshop-gallery001Photoshop Gallery 001

関連記事

  1. parallax-tilt-effect

    ちょっと不思議な画像の浮き出し効果(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  2. musexpress11

    MuseとWordPressの連携(その4/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。「MusexPress」…

  3. google-calender

    グーグルカレンダーへのアクセス(Adobe Muse CC)

    2018年5月13日(更新)☆Google Calendar(v1.4)Googleのサーバ…

  4. muse-samplesite03-03

    Animate CC+Muse CCでスクロール効果を使ったアニ…

    iMac Proの紹介ページにあるブラウザのスクロールに合わせて横向きのiMacが正面を向くアニ…

  5. slides-presentations01

    スライドショーでプレゼンテーション(Adobe Muse CC)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  6. animateall

    最大3つまでの連続アニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  7. animated-page

    ページ遷移アニメーション(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Animated Page Transitions」Widgetを利用す…

  8. animate-sample12

    レスポンシブ対応用に書き出せるようになりました。(Adobe A…

    Adobe Animate CCが2017にバージョンアップしたことでアニメーションをレスポンシ…

PAGE TOP