menu

MuseとWordPressの連携(その1/Adobe Muse)

Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。

実現させるために「MusexPress」と言うサービスを利用しています。

◎まずはWordPressの環境を準備(ロリポップサーバー使用)。

◎「MusexPress」よりダウンロードした<musexpress_1.4>のデータ一式を
ロリポップ上で設定したWordPressのデータ一式と差し替え。

musexpress02

◎ログイン(/wp-login.php)画面にアクセス。
言語選択画面で日本語を選択すると
・データベース名
・ユーザー名
・パスワード
・データベースのホスト名
・テーブル接頭辞
を入力する画面が表示されますので必要事項を入力して次に進みます。

◎ログイン後、すぐはWordPress管理画面が表示されますが
自動的にインストールされているプラグインを全て有効にすると
「MusexPress」専用の管理画面に切り替わります。

musexpress03

◎Adobe Museでレイアウトを行ったデータを
<musexpress_1.4>をインストールしているフォルダ内にFTPでアップロードします。
※ここでは試しに「MusexPress」で用意されているサンプルサイトのデータをアップロードしてみました。

◎管理画面よりMusexPress Utillity/MusexPress Pages Converterに進み、項目全てにチェック。

◎アップロードを行ったHTMLの書類がPHPに変換されます。
※サンプルでアップしたものは拡張子がhtmlではなく、phpと確認出来ます。

▽サンプル01(※調整中)
live-preview

「MusexPress」についての詳細はコチラ(外部サイト)

続きの作業へ・・。
(投稿や固定ページの機能について調べていきます)

shakeマウスオーバーで10種類の揺れを(Adobe Muse)

musexpress06MuseとWordPressの連携(その2/Adobe Muse)

関連記事

  1. solo-type01

    注目させたいテキストにタイピングアニメーション。(Adobe M…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Solo Type」W…

  2. animate-sample02

    <HTML5 Canvas>仕様で可能な事を調べています。(その…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  3. cinch-slidshow

    レスポンシブ対応スライドショー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Cinch Slideshow」Widgetを利用することで、レスポ…

  4. muse-table-01

    Museの苦手なテーブル機能を克服(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  5. text-animations

    13種類のテキストアニメーション(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Text Animations」Widgetを利用することで、テキス…

  6. lightbox01

    2タイプのライトボックスギャラリー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  7. interactive-particles

    マウス操作で粒子が飛び散るインパクト表現(Adobe Muse)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  8. simple-and-sweet-on-scroll-animations

    26種類のスクロールアニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

PAGE TOP