menu

Museの苦手なテーブル機能を克服(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Muse Table」Widgetを利用することで、
Museでは不得手なテーブルの作成が簡単に出来るようになります。

1.Googleのスプレッドシートで表組のデータを作成
2.Muse上で「Muse Table」Widgetを設置
3.作成したGoogleのスプレッドシートのアドレスを「Muse Table」Widgetに設定
4.「Muse Table」Widgetメニューより罫線の色やフォントなどを指定して完成

▷Googleスプレッドシート
muse-table-02

▷Muse画面
muse-table-03

▽サンプル
live-preview

「Muse Table」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

filmora038-01旅の素敵な動画を飾る4種類のフィルター(Filmora)

slanted-panels-01斜めのラインとスクロール効果を使う流行のデザインも簡単に表現可能(Adobe Muse)

関連記事

  1. animate-sample12

    レスポンシブ対応用に書き出せるようになりました。(Adobe A…

    Adobe Animate CCが2017にバージョンアップしたことでアニメーションをレスポンシ…

  2. simple-and-sweet-on-scroll-animations

    26種類のスクロールアニメーション(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  3. musexpress3_07

    インストールから公開まで(MusexPress3)

    『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせることでコーディング作業なしにW…

  4. superhero01

    ブラウザ天地に自動調整フルスクリーンイメージ(Adobe Mus…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  5. musexpress09

    MuseとWordPressの連携(その3/Adobe Muse…

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。「MusexPress」…

  6. gallery-connect01

    CSVファイルでコントロールするギャラリー(Adobe Muse…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  7. animate-sample02

    <HTML5 Canvas>仕様で可能な事を調べています。(その…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

  8. multiscroll01

    左右の画面を逆スクロールで1枚に合成(Adobe Muse CC…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

Adobe Muse

Adobe Museならスピードアップ&コストダウン

My Portfolio

kishioka-design.myportfolio.com
PAGE TOP