menu

SVGアニメーション(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。

サードパーティウィジェット「Animate SVG」Widgetを利用すると、
イラストレーターなどで作成。SVG拡張子で書き出したデータを読み込むことで
イラストが描かれていくような表現をアニメーションさせることが可能になります。
自動的に描画させる他、設置バナーからの操作によっても描画させることができます。

▽サンプル(自動的に描画)
live-preview

▽サンプル(バナーからの操作によって描画)
live-preview

「Animate SVG」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

bigmenu03フルスクリーンメニューが11種(Adobe Muse)

video-player01デザイン優先、5種類のビデオプレーヤー(Adobe Muse)

関連記事

  1. search-essentials02

    サイト内検索機能(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  2. fullscreen-slideshow-cover01

    Webサイト全体をフルスクリーンスライドショーで魅せる(Adob…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェッ…

  3. water-ripple-effect02

    画面いっぱいに水の波紋(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。「Water Rippl…

  4. muse-samplesite03-03

    Animate CC+Muse CCでスクロール効果を使ったアニ…

    iMac Proの紹介ページにあるブラウザのスクロールに合わせて横向きのiMacが正面を向くアニ…

  5. hero-connect03

    時刻や曜日に合わせて画像・動画・テキストを自動で切り替え(Ado…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  6. twitter-feed-pro

    ページ上にTwitterのフィードを掲載(Adobe Muse)…

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。サードパーティウィジェット「…

  7. countdown-clock

    カウントダウン時計(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Countdown Clock 2.0」Widgetを利用することで、…

  8. animate-sample04

    オブジェクトの表示・非表示・移動(Adobe Animate C…

    ◎HTML5 CanvasではFlashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を…

PAGE TOP