モックアップのPSDをPhotoshopがなくても、Affinity Photoで同じように編集する方法(Affinity Photo)

Affinity Photo

市場には、ダウンロードして使うことが出来るPhotoshopで作成されたモックアップのテンプレートデータがたくさんあります。
Photoshopがなくても、Affinity Photoで同じように編集出来るようにするのが今回の目的です。

➊Photoshopで作成されたスマートオブジェクトの機能を含んだモックアップのデータをAffinity Photoで編集するには、
あらかじめ、Affinity Photoの環境設定を変更しておく必要があります。
編集/環境設定/一般を開いて、「可能であればPSDスマートオブジェクトをインポート」をチェックしておきます。

➋モックアップのデータをAffinity Photoで開いて、レイヤーにマスクとパースペクティブフィルターが表示されていれば、Affinity Photoでも編集作業が可能となります。

➌該当するレイヤーをWクリックから編集画面を表示させます。
➍デザインパーツを配置して完成です。

後は、プラグインとアクションが扱えることが確認出来れば、Photoshopで行っているちょっと特殊な事の大半は、Affinity Photoでも対応できるようになります。

(追記:2021.05.27)
アクションについては、調べた限りでは、残念ながら無理なようです。ABR(ブラシ)のみ読み込み可能で、ATN(アクション)とPAT(パターン)については、読み込み不可だそうです。

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

  5. 5

    映像に波のゆがみ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

最近の記事

  1. 特定サイズの枠内に縦スクロールで複数のコンテンツを見せる方法【STUDIO】

  2. Filmora11の新機能「ストックメディア」

  3. コーヒー風呂・コーヒー浴【Photoshop-Art-006】

  4. Filmora11の新機能「マスク」

  5. Filmora11の新機能「スピードランピング」

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP