テキストを調整レイヤー化して、アルファチャンネルを利用した表現を試す(After Effects)

After Effects

After Effects/モーショングラフィックス勉強中。

テキストを調整レイヤー化して、アルファチャンネルを利用した表現を試しました。
テキストのベースに出力フェーズで予め用意されている33種類のプリセットを適用。
テキスト内に入力フェーズから用意した5種類のGIFアニメを順に適用しました。

1.入力したテキストのタイムラインで[調整レイヤー]スイッチをクリックして、調整レイヤー化する。
  →レイヤーが透明になります

2.調整レイヤーにエフェクト&プリセット内の[コロラマ]を適用する。

3.エフェクトコントロールパネルで各設定を行う。

【入力フェーズ】
○[フェーズを追加]項目から適用するGIFアニメを選択
 →5種類のGIFアニメをタイムラインに配置して、非表示に。

【出力フェーズ】
○プリセットパレットから予め用意されている33種類から選択
1.アルファカーブ
2.色相サイクル
3.負
4.カーブ赤
5.カーブ緑
6.カーブ青
7.カーブグレー
8.RGB
9.彩度カーブ
10.ソラリゼーション赤
11.ソラリゼーション緑
12.ソラリゼーション青
13.ソラリゼーショングレー
14.カリビアン
15.粘土
16.銅
17.深海
18.陶器
19.火
20.火と煙
21.金色1
22.金色2
23.みかげ石
24.地平線
25.レザー
26.かび
27.苔
28.星条旗
29.さび
30.セピア1
31.セピア2
32.トカゲ
33.夕焼け

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

  5. 5

    映像に波のゆがみ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

最近の記事

  1. 特定サイズの枠内に縦スクロールで複数のコンテンツを見せる方法【STUDIO】

  2. Filmora11の新機能「ストックメディア」

  3. コーヒー風呂・コーヒー浴【Photoshop-Art-006】

  4. Filmora11の新機能「マスク」

  5. Filmora11の新機能「スピードランピング」

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP