階段状に動くテキストアニメーションの作り方【Affter Effects】

After Effects

1 テキストを用意します。

2 テキストをプリコンポーズ化します。

3  プリコンポーズ化したテキストのコンポジション設定を変更します。

4 テキストより少し大きい程度に変更します。

5 エフェクト/スタイライズ/モーションタイルを選択します。

6 出力高さを1500に設定します。

7 テキストが画面の天地一杯に複製されます。

8 タイムライン上、アニメーションの最後にタイルの中心を2500に変更すると上下にスライドする動きを付けることができます。

9 エフェクト/ディストーション/波形ワープを選択します。

10 波形の種類から三角形を選択します。

11 波形の高さを30に設定します。

12 波形の幅を125に設定します。

13 方向を0°に設定します。

14 トランスフォームの回転を45°に設定して完成です。

その他にも波形の種類を変えることで違う動きのアニメーションを作成することもできます。
●波形の種類:三角形/サイン/矩形/のこぎり波/円形/半円形/非円形/ノイズ/ノイズ(滑らか)

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

  5. 5

    映像に波のゆがみ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

最近の記事

  1. 特定サイズの枠内に縦スクロールで複数のコンテンツを見せる方法【STUDIO】

  2. Filmora11の新機能「ストックメディア」

  3. コーヒー風呂・コーヒー浴【Photoshop-Art-006】

  4. Filmora11の新機能「マスク」

  5. Filmora11の新機能「スピードランピング」

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP