Keynoteで作成したデータを動画編集ソフトに持ち込む方法が紹介されていたので参考に試作しました

Premiere Pro

1.[フォーマット]設定欄から[背景]を[塗りつぶしなし]を選択。

2.入力したテキストに、各アニメーションを設定。

<出現と移動>
タイプライター
ディゾルブ
ドリフト
ドリフトとスケール
ドロップ
フェードして移動
フェードとスケール
フライイン
ぼかし
ムーブイン
ワイプ
圧縮
絞り

<フリップ、スピン、スケール>
キューブ
スウォッシュ
スケール
スピン
ツイストとスケール
ピボット
ブラインド
ポップ
渦巻き
拡大
軌道
反転

<特殊効果>
アンビル
コンフェッティ
シマー
スキッド
スクイッシュ
スパークル
トレース
バウンド
ブラスト
フラッシュバルブ
レンズフレア

打ち上げ花火
彗星

3.[書き出し]→[ムービー]から動画の書き出し。
 ○解像度:カスタム 1980×1080
 ○圧縮の種類:Apple ProRes 4444
 ○「透明な背景で書き出す」にチェック

4.Premiere Proで編集
 ○タイムライン上にKeynoteで書き出した動画を配置
 ○[エフェクト]→[マット削除]を適用
  ・ガタツキが解消されてきれいな表示になる
  ・マットの種類:黒か白を選択(Keynote上での背景色と同じ設定に)

【参照】
『Keynoteで作ったテキストアニメーションをPremiere Proで動画に合成する方法』
を参考にさせていただきました。

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

  5. 5

    映像に波のゆがみ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

最近の記事

  1. 特定サイズの枠内に縦スクロールで複数のコンテンツを見せる方法【STUDIO】

  2. Filmora11の新機能「ストックメディア」

  3. コーヒー風呂・コーヒー浴【Photoshop-Art-006】

  4. Filmora11の新機能「マスク」

  5. Filmora11の新機能「スピードランピング」

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP