ポリゴンの数値による画像のモーフィングPart2(Adobe Muse)

SERVICE

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Image Shapes」Widgetを利用することで、
1枚の画像を使って面白いアニメーションを掲載することが可能になります。
☆Part2では別の画像からアニメーションの動作を制御しています。

・画像の前と後をポリゴンの数値で図形を設定。
・オンロード、ホバーオン、クリック時、またはスクロール時に2つの図形間をモーフィング。モーフィングの速度、遅延、リピート、インージングを設定。

・ポリゴンの形状は下記のアドレスから抽出します。
https://bennettfeely.com/clippy/

☆イラストレーターで作成した図案をSVCで別名保存する際にSVGコードを確認することができます。ポリゴンのパスが取得できればコピーペーストで「Image Shapes」Widgetで利用することができます。
※幾つか試しましたが形状の簡単なものでないと難しいようです。

▽サンプル
live-preview

ポリゴンの数値による画像のモーフィングPart2(Adobe Muse) from KISHIOKA.DESIGN on Vimeo.

「Image Shapes」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  5. 5

    マスクパスを【エフェクト/電波】でアニメーションさせる(After Effects)

最近の記事

  1. 筆の筆跡イメージを使って写真を簡単にマスクする方法(Affnity Photo)

  2. 文字を透明に切り抜く方法【Affinity Photo】

  3. Filmoraにお任せで編集してもらえるハイライト自動検出機能【Filmora X】

  4. パスに沿ってテキストを配置する方法【Affinity Photo】

  5. パターンレイヤーを使って簡単に背景を作る方法(Affnity Photo)

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP