さまざまなドキュメントをサイトに直接表示(Adobe Muse CC)

SERVICE

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。
サードパーティウィジェット「Document Viewer」Widgetを利用すると、
さまざまなドキュメントをサイトに直接表示させることができます。
ドキュメントはファイルのアップロード、URLでのリンク、
またはDropbox、Google Drive、Google MailなどのWebプラットフォームを介して追加することができます。

サポートされているファイルの種類は、
Adobe Portable Document Format(.PDF)
Microsoft Word(.DOCおよび.DLSX)
Microsoft Excel(.XLSおよび.XLSX)
Microsoft PowerPoint(.PPTおよび.PPTX)
テキストファイル(.TXT)
スケーラブルベクターグラフィックス(.SVG)
Adobe Illustrator (.AI)
PostScript(.EPS、.PS)
マークアップ/コード(.CSS、.HTML、.PHP、.C、.CPP、.H、.HPP、.JS)
タグ付きイメージファイル形式(.TIFF)

サンプルではURLからのリンクで
 ・Googleドキュメント
 ・Googleスプレッドシート
 ・Googleスライド
 ・SVGファイル
 ・AIファイル
 ・EPSファイル
 ・PDFファイル
を掲載しています。

▽サンプル
live-preview

「Document Viewer」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  5. 5

    マスクパスを【エフェクト/電波】でアニメーションさせる(After Effects)

最近の記事

  1. 筆の筆跡イメージを使って写真を簡単にマスクする方法(Affnity Photo)

  2. 文字を透明に切り抜く方法【Affinity Photo】

  3. Filmoraにお任せで編集してもらえるハイライト自動検出機能【Filmora X】

  4. パスに沿ってテキストを配置する方法【Affinity Photo】

  5. パターンレイヤーを使って簡単に背景を作る方法(Affnity Photo)

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP