MuseとWordPressの連携(その3/Adobe Muse)

SERVICE

Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦。
MusexPress」と言うサービスを利用しています。

今回は「固定ページ」について調べました。

◎まずは<pages-plugin.zip>をMusexPress(WordPress)にアップロード〜有効化。

◎固定ページの作成方法は従来のWordPressと同じです。
・Muse上で配置するウィジェットと連携させるために入力画面/表示オプションよりスラッグにチェック。
任意の語句を設定します。

musexpress09

◎Muse上で連携させたい箇所に<MusexPress – Pages 2.0.mulib>ウィジェットを配置。
Pages 2.0オプション内にスラッグを設定する箇所があるので合わせる。

◎FTPアップの上、(その1)で行ったように変換作業を行います。

musexpress10

※これで連携させることは出来るようになりますが
頻繁にWordPress上で更新作業を行う必要性のある箇所以外については、
固定ページはMUseで投稿はMusexPress(WordPress)でと分けた方が効率は良さそうです。

▽サンプル(※調整中)
live-preview

「MusexPress」についての詳細はコチラ(外部サイト)

続きの作業へ・・。
(オリジナルのレイアウトによる制作を進めたいと思います。)

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  5. 5

    マスクパスを【エフェクト/電波】でアニメーションさせる(After Effects)

最近の記事

  1. 筆の筆跡イメージを使って写真を簡単にマスクする方法(Affnity Photo)

  2. 文字を透明に切り抜く方法【Affinity Photo】

  3. Filmoraにお任せで編集してもらえるハイライト自動検出機能【Filmora X】

  4. パスに沿ってテキストを配置する方法【Affinity Photo】

  5. パターンレイヤーを使って簡単に背景を作る方法(Affnity Photo)

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP