animate-sample04

Adobe Animate CCを使ったコンテンツ制作

オブジェクトの表示・非表示・移動(Adobe Animate CC)

◎HTML5 Canvasでは
Flashプラグインを使用せずにインタラクティブコンテンツの表現を可能にします。

赤いボタンをクリックすると中央のムービークリップが非表示になります。
それと同時にフレームに移動し、停止。別のムービークリップが表示されます。
青いボタンをクリックすると中央のムービークリップが左上方向に移動します。

▷アクション/コードスニペット/タイムラインナビゲーション
・このフレームで停止
▷アクション/コードスニペット/アクション
・クリックしてオブジェクトを隠す
・クリックして特定のフレームに移動し、停止

▷アクション/コードスニペット/アクション
・オブジェクトを表示

▷アクション/コードスニペット/イベントハンドラ
・クリックしてオブジェクトを移動

▽サンプル
live-preview

animate-sample03ムービークリップの再生・停止(Adobe Animate CC)前のページ

クリックしてテキストを表示(Adobe Animate CC)次のページanimate-sample05

関連記事

  1. cinch-slidshow

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    レスポンシブ対応スライドショー(Adobe Muse)

    サードパーティウィジェット「Cinch Slideshow」Widge…

  2. fluidslider01

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    レスポンシブ対応スライドショー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。…

  3. musexpress3_18

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    Dynamic Menuの設置(MusexPress3)

    『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせること…

  4. animate-sample12-2
  5. animate-sample01
  6. musexpress2_0-10

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    MuseとWordPressの連携(その7/Adobe Muse)

    Adobe MuseとWordPressを連携させたサイトの制作に挑戦…

  1. shake

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    マウスオーバーで10種類の揺れを(Adobe Muse)
  2. eyecatch-200504

    Premiere Pro

    Keynoteで作成したデータを動画編集ソフトに持ち込む方法が紹介されていたので…
  3. superhero-slider04

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    最大20枚設置可能のフルスクリーンスライドショー(Adobe Muse)
  4. photoshop-art006

    Photoshop

    古ぼけた写真(Photoshop)
  5. eyecatch-20201210

    Premiere Pro

    バウンスの動きをMotion ArrayのPremiere Proプラグインで簡…
PAGE TOP