animated-text01

Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

74種類のテキストアニメーションをAdobe Museで表現(Adobe Muse)

【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。

「Animated Text」Widgetを利用することで、
複雑なプログラムを組み込むことなく、
テキストに74種類のアニメーションを表現することができます。

<操作方法>
1.
「Animated Text – Add First」を画面上に配置
これは初期動作のプログラムのみですので配置場所に指定はありません
2.
ページを開いて直ぐに動作させる場合は「Animated Text – On Load」
動作させる箇所がページの下部にある場合は「Animated Text – On Scroll」
どちらかを動作させたい場所に配置
3.
設定画面を開き、
 ・テキストを入力
 ・テキストのサイズ、色、間隔、行間を設定
 ・オプションで自動・手動、一度・無限を選択
 ・最後にテキスト表示前と表示後のアニメーションを選択

これだけで複雑なプログラムやソフトを使わずに
テキストアニメーションを表現することができます。

▽サンプル
live-preview

※1ページに複数のコンテンツを掲載しているので読み込みに時間が掛かり、動作不安定な時があります。

「Animated Text」Widgetについての詳細はコチラ(外部サイト)

text-and-particleテキストとパーティクル(After Effects)前のページ

動的な機能を備えたテーブルの作成(Adobe Muse)次のページtable-connect01

関連記事

  1. parallax-tilt-effect

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    ちょっと不思議な画像の浮き出し効果(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。…

  2. snipcart-ecommerce

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    Museでeコマース出来るのですが・・・(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。…

  3. animated-notification-bar_01

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    アニメーション通知バー(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。…

  4. musexpress3_07

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    インストールから公開まで(MusexPress3)

    『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせること…

  5. media-pro-gallery-2-01_01
  6. bigmenu03

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    フルスクリーンメニューが11種(Adobe Muse)

    【Adobe Muse】の機能を利用したコンテンツを紹介しています。…

  1. water-ripple-effect02

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    画面いっぱいに水の波紋(Adobe Muse)
  2. webflow009-01

    STUDY

    タブの使用(webflow)
  3. gif-animation-01

    Adobe Animate CCを使ったコンテンツ制作

    GIF ANIMATION 01/02
  4. columns_img01

    STUDY

    カラムの説明(webflow)
  5. text-and-particle

    After Effects

    テキストとパーティクル(After Effects)
PAGE TOP