Page creatorの設定(MusexPress3)

SERVICE

『Adobe Muse』と『MusexPress3』を組み合わせることで
コーディング作業なしにWordPressサイトの制作が可能になります。

Adobe Museで作成した個別ページはWordPress側でコンバート出来ますが編集作業は行えません。
「Page creator」利用する事でWordPressの管理画面より新規個別ページの作成が可能になります。

個別ページは「Adobe Muse」で、投稿ページは「WordPress」でと言う流れを考えると
使用頻度はあまり多くないかも知れません。

◎WordPressで「musexpress-page-creator」をインストール。

◎Adobe Museで該当ページへ「MusexPress – Page Creator」Widgetを配置。

musexpress3_12

レイアウトの完了後、〔ファイル〕メニューの〔FTPアップロード〕からファイルをアップ。
注)ルートパスを選択する項目では最後に「/mxp_theme」とする。
注)アップロードをスタートさせるとFTP検証アラートが表示されるが「無視」を選択してアップを継続する。

◎WordPressでページを変換する。

アップロードが完了したら、WordPressに作業を移して、
「MusexPress/Pages Converter」よりページを選択して変換します。
赤色で表示されているページは変換されておらず、変換されると緑色の表記になります。

musexpress3_13

◎WordPressで固定ページの作成

▽サンプル個別ページ(ベースはAdobe Muse、文字入力と写真の配置はWordPress)
live-preview

▽サンプルサイト
live-preview

「MusexPress」についての詳細はコチラ(外部サイト)

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  4. 4

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  5. 5

    「グリッチスライドショー」というPremiere Proテンプレートを使用して作成。

最近の記事

  1. 15種類の中から選んでいただけるハングタグのモックアップを作成させていただきます。【Photoshop】

  2. 成長するビル群のCGを背景に現れるタイトルロゴ動画を制作させていただきます(Premiere Pro)

  3. 対象物の後ろにテキストを流す方法【Filmora X】

  4. ビート検出でスライドショーを簡単に作る方法【Filmora X】

  5. おしりループで、繰り返しの動きを簡単にする方法【After Effects】

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP