studio08-01

STUDIO

STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

STUDIOでは、タブ切り替えコンテンツの掲載ができます。

サンプルページはこちらから

詳しい制作方法はSTUDIOのサイトのブログ「STUDIOでタブ切り替えを実装する方法」で紹介されています。

STUDIOでタブ切り替えを実装する方法

【注意点】
ポイントはコンテンツのマージントップにマイナスの数字を入力して、
タブとコンテンツのトップの位置を揃えることです。
上記の設定をしない場合、タブを選択した際にコンテンツのトップの位置が画面上部に移動してしまい、
タブが画面の外に隠れてしまうことがあります。

studio08-03

▼解説①(拡大表示できます)
studio08-04

▼解説②(拡大表示できます)
studio08-05

studio07-01STUDIOを使って時短で低価格の本格的なホームページを制作します前のページ

「グリッチスライドショー」というPremiere Proテンプレートを使用して作成。次のページpr-thumbnail20200904-2

関連記事

  1. studio02-01

    STUDIO

    あらかじめサイズを規定してサンプルページを作成

    ブラウザの画面が9種類。▶1920px-Full HD▶1…

  2. studio12-01

    STUDIO

    写真を表示させる歳のアニメーションを制作

    STUDIOの機能を利用して、写真を表示する際のアニメーションを1…

  3. studio13-01

    STUDIO

    マウスオーバーによるボタンアクション集を制作(STUDIO)

    STUDIOの機能を利用して、マウスオーバー時に起こせるアクション…

  4. studio06-01

    STUDIO

    STUDIOで中面ページも含めたコーポレートサイトのサンプルを作成

    STUDIOで中面ページも含めたコーポレートサイトのサンプルを作成しま…

  5. studio03-01

    STUDIO

    背景動画、スクロールアニメーション、CMSの導入をテーマにページを作成しました。

    『STUDIO』でホームページの制作今回(サンプルサイト03)…

  6. studio10-01

    STUDIO

    サンプルサイト08/テーマ:歯科医院

    STUDIOで歯科医院をテーマにしたサンプルサイトを制作しました。…

  1. musexpress11

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    MuseとWordPressの連携(その4/Adobe Muse)
  2. keynote-animation01

    Keynote Animation

    インとアウトのアニメーション(Keynote Animation)
  3. minimal-titles-img

    After Effects

    Filmstocksが提供しているAfter Effectsのエフェクト「Min…
  4. interactive-particles

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    マウス操作で粒子が飛び散るインパクト表現(Adobe Muse)
  5. animate-sample03

    Adobe Animate CCを使ったコンテンツ制作

    ムービークリップの再生・停止(Adobe Animate CC)
PAGE TOP