studio13-01

STUDIO

マウスオーバーによるボタンアクション集を制作(STUDIO)

STUDIOの機能を利用して、
マウスオーバー時に起こせるアクション集を制作しました。

01・上下左右にカラーのマットが重なります
02・中心から上下左右にカラーのマットが分かれます
03・上下左右の斜めからカラーのマットが表れます
04・四角から丸へ、丸から四角へ、色を変化させながら形が変わります
05・カラーのマットが重なるスピードを変えることができます
06・写真の上にテキストが表示/写真の上に別の写真が表示/写真に枠線が表示/複数の写真が連続して表示
※引き続き、アクションのパターンは増やしていく予定です。

詳しくはこちら

studio13-02

STUDIOとは

STUDIOとは、デザインから公開までワンステップ。オンライン上でホームページの制作ができるサービスです。
同様のサービスは他にもありますが、決まったレイアウトからスタートするのではなく、オリジナルのデザインで制作できます。
STUDIOには3つのポイントがあります。ひとつめは工程の自動化による、制作時間と制作費の削減。ふたつめはスマホ・タブレット・パソコンに対応。みっつめはブログの設置が可能。
STUDIOなら時短で低価格の本格的なホームページが制作できます。

eyecatch-201116オープニング・エンディングロゴシリーズ03(Premiere Pro)前のページ

4×4=16マスで画面全体を構成するトップページのレイアウトサンプル次のページstudio14-01

関連記事

  1. studio12-01

    STUDIO

    写真を表示させる歳のアニメーションを制作

    STUDIOの機能を利用して、写真を表示する際のアニメーションを1…

  2. studio05-01

    STUDIO

    STUDIOにない機能をiframeで読み込んでサンプルページを作成しました

    スライドショーとサムネールからイメージを拡大表示させるコンテンツを…

  3. studio03-01

    STUDIO

    背景動画、スクロールアニメーション、CMSの導入をテーマにページを作成しました。

    『STUDIO』でホームページの制作今回(サンプルサイト03)…

  4. studio08-01

    STUDIO

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

    STUDIOでは、タブ切り替えコンテンツの掲載ができます。サン…

  5. studio11-01

    STUDIO

    サンプルサイト10/テーマ:家具製作所

    STUDIOで家具製作所をテーマにしたサンプルサイトを制作しました。…

  6. studio02-01

    STUDIO

    あらかじめサイズを規定してサンプルページを作成

    ブラウザの画面が9種類。▶1920px-Full HD▶1…

  1. webflow01

    STUDY

    『Webflow』始めました。(webflow)
  2. transitions_img01

    STUDY

    トランジションの設定(webflow)
  3. webflow006-01

    STUDY

    ListとList Itemの使用(webflow)
  4. filmora-pho006-01

    Filmora

    テキスト「エンディング編」(Filmora)
  5. simpleshow01

    After Effects

    simpleshow試作その1(Adobe Premiere Pro CC/Ad…
PAGE TOP