studio14-01

STUDIO

4×4=16マスで画面全体を構成するトップページのレイアウトサンプル

4×4=16マスで画面全体を構成するトップページのレイアウトを制作しました。
タブレットでは2列、モバイルでは1列で表示されます。
メニュー箇所は、マウスオーバー時にアニメーションで詳細が表示されます。

サンプルサイト11

studio14-02

その他のサンプルサイトはこちらから

STUDIOとは

STUDIOとは、デザインから公開までワンステップ。オンライン上でホームページの制作ができるサービスです。
同様のサービスは他にもありますが、決まったレイアウトからスタートするのではなく、オリジナルのデザインで制作できます。
STUDIOには3つのポイントがあります。ひとつめは工程の自動化による、制作時間と制作費の削減。ふたつめはスマホ・タブレット・パソコンに対応。みっつめはブログの設置が可能。
STUDIOなら時短で低価格の本格的なホームページが制作できます。

studio13-01マウスオーバーによるボタンアクション集を制作(STUDIO)前のページ

イーズインの動きをMotion ArrayのPremiere Proプラグインで簡単に次のページeyecatch-20201128

関連記事

  1. studio03-01

    STUDIO

    背景動画、スクロールアニメーション、CMSの導入をテーマにページを作成しました。

    『STUDIO』でホームページの制作今回(サンプルサイト03)…

  2. studio13-01

    STUDIO

    マウスオーバーによるボタンアクション集を制作(STUDIO)

    STUDIOの機能を利用して、マウスオーバー時に起こせるアクション…

  3. studio11-01

    STUDIO

    サンプルサイト10/テーマ:家具製作所

    STUDIOで家具製作所をテーマにしたサンプルサイトを制作しました。…

  4. studio05-01

    STUDIO

    STUDIOにない機能をiframeで読み込んでサンプルページを作成しました

    スライドショーとサムネールからイメージを拡大表示させるコンテンツを…

  5. studio08-01

    STUDIO

    STUDIOでタブ切り替えコンテンツの掲載

    STUDIOでは、タブ切り替えコンテンツの掲載ができます。サン…

  6. studio04-01

    STUDIO

    WordPressを使わずにSTUDIOでニュースサイトを構築する

    STUDIOのCMS機能を使って、WordPressで作成したようなニ…

  1. eyecatch-20201215

    Filmora

    Filmora  Xの新機能、モーショントラッキングのアレンジ3点
  2. ch-lipthink01

    Character Animater

    シーンオーディオからリップシンクを計算(Adobe Character Anim…
  3. eyecatch-200614

    After Effects

    エフェクト/ブラインドを使ったモーショングラフィックス(After Effect…
  4. eyecatch-200505

    Keynote Animation

    Keynoteで作るアニメーション-01
  5. particles

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    写真に重ねた素材に動きを付けて魅力アップ(Adobe Muse)
PAGE TOP