リッチテキストの使用(webflow)

STUDY

webflowを使用してのサイト制作を進めながら学習したことを書いていきます。
今回は[Rich Text]の紹介になります。

■使用手順

1/リッチテキスト要素の追加
2/テキストコンテンツの追加と書式設定
3/メディアのコンテンツとリストを追加する
4/コンテンツのスタイル設定

◎Typography/[Rich Text]をドラッグして、画面上に配置します。

webflow008-02
webflow008-03

☆リッチテキストで作成できる要素は次のとおりです。
 ・段落
 ・見出し(H1-H6)
 ・イメージ
 ・画像キャプション
 ・画像alt属性
 ・引用符をブロックする
 ・順序付けられていないリスト(箇条書き)
 ・順序付きリスト(番号付き)
 ・ビデオ(Youtube、Vimeo)
 ・リッチメディア(Google Maps、SoundCloud、Imgur、Giphy、Codepenなど)
☆いずれのテキスト要素に対しても、追加の書式を追加できます。
 ・リンク(URL、ページ、電子メールなど)
 ・太字
 ・イタリック体のテキスト

◎画像や映像を配置するときは、配置位置でのリターン操作で操作画面を表示。
配置メディアの選択から詳細を設定して配置していきます。

webflow008-04
webflow008-05

◎コンテンツブロックとして制作を進めていけます。

webflow008-06

▽サンプル
live-preview

▷Adobe Museでホームページの制作/岸岡デザイン事務所
http://y-kishioka.com

▷Movie Web Magazine/KISHIOKA.DESIGN
http://kishioka.design

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  4. 4

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  5. 5

    「グリッチスライドショー」というPremiere Proテンプレートを使用して作成。

最近の記事

  1. 15種類の中から選んでいただけるハングタグのモックアップを作成させていただきます。【Photoshop】

  2. 成長するビル群のCGを背景に現れるタイトルロゴ動画を制作させていただきます(Premiere Pro)

  3. 対象物の後ろにテキストを流す方法【Filmora X】

  4. ビート検出でスライドショーを簡単に作る方法【Filmora X】

  5. おしりループで、繰り返しの動きを簡単にする方法【After Effects】

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP