コンテナの説明(webflow)

STUDY

webflowを使用してのサイト制作を進めながら学習したことを書いていきます。
今回は「コンテナ(Container)」について説明します。

コンテナ(Container)をセクションの中に配置することによって、
レイアウトがブラウザの中央に揃うようになります。

初期設定ではコンテナ(Container)は、デスクトップ上で幅940pxで設定されており、
タブレット、スマホは自動的に画面幅に縮小されます。

container_img02

☆コンテナの標準幅を変更するには
1.プロジェクト設定→ カスタムコードタブに移動します。

container_img03
container_img04

2.次のコードをヘッドコードに追加します。

container_img05
container_img06

3.変更を保存する

container_img07

デスクトップデバイス上のコンテナの幅が全て変更されます。

☆特定のコンテナの幅を変更したい場合は
1.「Container」ではなく、「Div Block」を配置する。

container_img08

2.任意のクラス名を設定する。

container_img09

3.特定の幅を指定し、左右のマージンをautoに設定する。

container_img10

▽サンプル
live-preview

▷Adobe Museでホームページの制作/岸岡デザイン事務所
http://y-kishioka.com

▷Movie Web Magazine/KISHIOKA.DESIGN
http://kishioka.design

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  5. 5

    マスクパスを【エフェクト/電波】でアニメーションさせる(After Effects)

最近の記事

  1. 筆の筆跡イメージを使って写真を簡単にマスクする方法(Affnity Photo)

  2. 文字を透明に切り抜く方法【Affinity Photo】

  3. Filmoraにお任せで編集してもらえるハイライト自動検出機能【Filmora X】

  4. パスに沿ってテキストを配置する方法【Affinity Photo】

  5. パターンレイヤーを使って簡単に背景を作る方法(Affnity Photo)

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP