eyecatch-200510

After Effects

テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

After Effects/モーショングラフィックス勉強中。

テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成しました。

1.新規コンポジション(ベースコンポジション)を10秒の長さで作成。

2.新規コンポジション(テキストコンポジション)を10秒の長さで作成。
    ○テキストを入力して、90°回転させる。画面の中央へ移動。

3.「テキストコンポジション」の横幅を文字の高さに変更。縦の長さはそのまま。

4.「ベースコンポジション」に「テキストコンポジション」を配置する。

5.配置した「テキストコンポジション」を選択して、プリコンポーズ(テキストプリコンポーズ)。
    ○すべての属性を新規コンポジションに移動 をチェック

6.「テキストプリコンポーズ」をダブルクリック。
  プリコンポーズ内の「テキストコンポジション」にエフェクト[スタイライズ]/[モーションタイル]を適用。
    ○出力幅:1000

7.「テキストコンポジション」を-90°回転させる。

8.「テキストコンポジション」にエフェクト[遠近]/[CC Cylinder]を適用。
    ○Rotation X:30°
    ○Light Direction:80°
    ○Diffuse:100
    ○Metal:0

9.[CC Cylinder]内、Rotation Yにエクスプレッションを追加『time*10』。

10.「テキストコンポジション」を複製する。
    ○「テキストコンポジション-後」と「テキストコンポジション-前」

11.「テキストコンポジション-後」の設定
    ○[CC Cylinder]のRender:Inside
    ○エフェクト/ブラー&シャープ/ブラーを適用
      ・ブラー:10

12.「テキストコンポジション-前」の設定
    ○[CC Cylinder]のRender:Outside

13.「ベースコンポジション」に背景を設置して完成。

eyecatch-200506Keynoteで作成したテキストアニメーションをPremiere Proで映像にマスク処理してタイトルアニメーションを作成前のページ

海外ドラマのタイトル風にMotionElementsの掲載コンテンツを参考に作成してみた(After Effects)次のページeyecatch-200523

関連記事

  1. eyecatch-200427

    After Effects

    マスクパスにテキストを配置させたアニメーション(After Effects)

    After Effects/モーショングラフィックス勉強中。マ…

  2. eyecatch-200501

    After Effects

    調整レイヤーにエフェクトを設定したアニメーション(After Effects)

    After Effects/モーショングラフィックス勉強中。調…

  3. eyecatch-200503
  4. eyecatch-200413-2
  5. eyecatch-200614
  6. eyecatch-200409-2

    After Effects

    レイヤーの親子関係を使った蝶々のアニメーション(After Effects)

    After Effects/モーショングラフィックス勉強中。レ…

  1. animator01

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    130種類以上の中からアニメーションを選択(Adobe Muse CC)
  2. musexpress06

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    MuseとWordPressの連携(その2/Adobe Muse)
  3. webflow011-01

    STUDY

    ブレークポイントで画像のサイズを変更する(webflow)
  4. Swing-Text

    After Effects

    スウィングするテキストの作り方【Affter Effects】
  5. eyecatch-200503

    After Effects

    テキストを調整レイヤー化して、アルファチャンネルを利用した表現を試す(After…
PAGE TOP