eyecatch-200504

Premiere Pro

Keynoteで作成したデータを動画編集ソフトに持ち込む方法が紹介されていたので参考に試作しました

1.[フォーマット]設定欄から[背景]を[塗りつぶしなし]を選択。

2.入力したテキストに、各アニメーションを設定。

<出現と移動>
タイプライター
ディゾルブ
ドリフト
ドリフトとスケール
ドロップ
フェードして移動
フェードとスケール
フライイン
ぼかし
ムーブイン
ワイプ
圧縮
絞り

<フリップ、スピン、スケール>
キューブ
スウォッシュ
スケール
スピン
ツイストとスケール
ピボット
ブラインド
ポップ
渦巻き
拡大
軌道
反転

<特殊効果>
アンビル
コンフェッティ
シマー
スキッド
スクイッシュ
スパークル
トレース
バウンド
ブラスト
フラッシュバルブ
レンズフレア

打ち上げ花火
彗星

3.[書き出し]→[ムービー]から動画の書き出し。
 ○解像度:カスタム 1980×1080
 ○圧縮の種類:Apple ProRes 4444
 ○「透明な背景で書き出す」にチェック

4.Premiere Proで編集
 ○タイムライン上にKeynoteで書き出した動画を配置
 ○[エフェクト]→[マット削除]を適用
  ・ガタツキが解消されてきれいな表示になる
  ・マットの種類:黒か白を選択(Keynote上での背景色と同じ設定に)

【参照】
『Keynoteで作ったテキストアニメーションをPremiere Proで動画に合成する方法』
を参考にさせていただきました。

eyecatch-200503テキストを調整レイヤー化して、アルファチャンネルを利用した表現を試す(After Effects)前のページ

Keynoteで作るアニメーション-01次のページeyecatch-200505

関連記事

  1. Blog-サムネイル20210107
  2. Blog-サムネイル20201228

    Premiere Pro

    色の版ズレ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

    Motion Arrayが提供する49種類のPremiere Proプ…

  3. Blog-サムネイル20201221

    Premiere Pro

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

    Motion Arrayが提供する49種類のPremiere Proプ…

  4. Blog-サムネイル20201218

    Premiere Pro

    映像に波のゆがみ効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

    Motion Arrayが提供する49種類のPremiere Proプ…

  5. muse-Introduction2-5
  6. eyecatch-20210204

    Premiere Pro

    RGB効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array/RGB Offset)

    Motion Arrayが提供する49種類のPremiere Proプ…

  1. simple-and-sweet-on-scroll-animations

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    26種類のスクロールアニメーション(Adobe Muse)
  2. Pillow01

    Photoshop

    枕カバーのモックアップ画像をPhotoshopで作成しました。
  3. filmora-pho010-01

    Filmora

    トランジション「ベーシック編2」(Filmora)
  4. slanted-panels-01

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    斜めのラインとスクロール効果を使う流行のデザインも簡単に表現可能(Adobe M…
  5. media-pro-gallery-2-01_01

    Adobe Muse CCを使ったホームページ制作

    複数レイアウトからライトボックスに展開可能のメディアギャラリー(Adobe Mu…
PAGE TOP