『STUDIO』を始める

STUDIO

『STUDIO』をというホームページを作成するためのサービスを使い始めました。
これまでは、Adobe Museを使用していたのですが、開発が終了してしまったため、
変わりになるものを探していました。

海外にも同様の優れたサービスはあるのですが、全て英語のインターフェイスで理解が難しいのと入力した日本語がちょいちょい化けましたので断念しました。

『STUDIO』のサービスは以前から知っていたのですがその時は、Museと比べて見劣りする部分を感じていたのですがMuseの開発が終了したのと『STUDIO』のアップされたバージョン3.0の内容にこれから先の可能性を感じ、始めてみることにしました。

尚、並行してAdobe XDでスタートする方法も勉強しています。

サンプルとして、企業ホームページのトップページのみですが作ってみました。

サンプルページはこちらから

1920px-Full HD
1440px-Laptop L
1200px-Laptop M
1024px-Laptop
768px-iPad
414px-iPhone 8 Plus
360px-Garaxy S8

7つの画面を切り替えながらレスポンシブの制御を行っていきます。
タブレットからスマホ間の制御は上手くコントロールできていない箇所があります。

マウスオーバーの時にボタンが半調になる仕様については、バージョン3.0によって加わったアニメーションから設定しています。

studio002

kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

関連記事

最近の記事

ランキング

  1. 1

    パラパラと文字が上から落ちてくるモーショングラフィックス(After Effects)

  2. 2

    黒板にチョークで書いたような文字とイラストのアニメーション

  3. 3

    映像にシェイク効果を簡単に(Premiere Pro/Motion Array)

  4. 4

    テキストを3D表現で回転するアニメーションを作成(After Effects)

  5. 5

    マスクパスを【エフェクト/電波】でアニメーションさせる(After Effects)

最近の記事

  1. 筆の筆跡イメージを使って写真を簡単にマスクする方法(Affnity Photo)

  2. 文字を透明に切り抜く方法【Affinity Photo】

  3. Filmoraにお任せで編集してもらえるハイライト自動検出機能【Filmora X】

  4. パスに沿ってテキストを配置する方法【Affinity Photo】

  5. パターンレイヤーを使って簡単に背景を作る方法(Affnity Photo)

動画パーツの制作・販売

After Effects、Premiere Proによる動画パーツの制作・販売/YOUTUBE-STUDIO

グラフィックパーツの制作・販売

Photoshop、Illustrator等によるグラフィックパーツの制作・販売/Kishioka Graphic Studio

STUDIOで制作するWEBサイト

時短で低価格の本格的なホームページを『STUDIO』で制作

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売

オリジナル雑貨をminne/BASEで販売中。/Zakka2251
kishioka yasuo

kishioka yasuo

ホームページの企画・制作・運営・管理を主業務とする岸岡デザイン事務所のブログです。

TOP